FC2ブログ
124 お振れ・6
2011 / 10 / 03 ( Mon )

そして翌日から 「この男は、外人の居る所に、決して出入りさせるべからず、外人に近づけるな」という、お振れが社内へ回った。
そういう事があってから、ひかるは自分の感情がコントロール出来なくなる事を恐れ、極力部下はいない方がいい、と一人黙々仕事をしていたのである。
事実、酒の席で喧嘩、空手のヌンチャクを振り回し、相手を怪我させ、即ブタバコ、即会社をクビ、なんていう例を何度も見てきている。
スポンサーサイト



06:28:52 | 未分類 | page top↑
123 帰れ!・5
2011 / 10 / 03 ( Mon )

その内ママさんも女の子も米兵のテーブルへ、ドル紙幣を胸へ入れ、きゃっきゃ、と騒いでるのである。
そのはしゃぎぶりを聞いていると、ムラムラと反米感情が湧きあがってきた。
日本の女も女だ、お前ら売春婦か!、とどなりつけたかったが、その怒りは米兵へ向かった。
いきなり米兵の所へ行き、胸ぐらをつかみ、「ヤンキー ゴーホーム!」、と怒鳴り付けたのである。
上司がいたので、壊した備品代は払ってくれた。
06:28:24 | 未分類 | page top↑
122 360円時代・4
2011 / 10 / 03 ( Mon )

犯人は沖縄の裁判所で裁く訳にはいかない。勿論、日本の法律も通用しない。
米国へ送還され、どういう処罰が下されたか知る権利もなかったのだ。
当然、この地区で青春時代を過ごした連中は、否応なしに反米感情が、叩き込まれていたのである。
米兵が入ってくると、ママさんの態度は一変、目いっぱい色気、愛想を振りまいているのである。
当時は1ドル360円時代。ドル紙幣で払ってくれる米兵は特上のお客なのである。
06:27:55 | 未分類 | page top↑
121 米兵・3
2011 / 10 / 03 ( Mon )

ひかるは、入社早々ある事件を起こした。
友人、上司と府中駅前の飲み屋へ行った時の事である。
スナック風の飲み屋で、4人で楽しく飲んでいた。
店はママさんと、若い女の子が一人手伝っているだけで、小ぢんまりした店であった。
かなりアルコールも回った頃、米兵のお客が二人入って来た。
近くに調府基地があり、その近辺は結構米兵がいたらしい。
思春期を沖縄で過ごし、敗戦後、米兵はやりたい放題。
婦女暴行や強姦、殺人などまで、本土では報じられない事が日常茶飯事起きていた。
06:27:25 | 未分類 | page top↑
120 知覚足らんか・2
2011 / 10 / 03 ( Mon )

ふるさとがあり、夢があったり、人々は生涯、どれくらいテレビと対面するのだろうか・・
子供の頃見た、魔法の箱、テレビは未来永劫、魔法の箱だ。
テレビの、命は番組です。
知性、感性、人間性にあふれる番組を作り、感動、興奮を、お茶の間へ届けよう。
そして、テレビに恋した男が贈る言葉。
テレビは、いかに視聴者の目となり得るか、越えられるか、知覚足らんか・・・
06:26:54 | 未分類 | page top↑
| ホーム | 次ページ